厳選!おすすめ情報ネットワーク

厳選した ”おすすめ商品や情報” を皆さんへご紹介しますのでお見逃しなく!

被リンクを取得 | SEO対策に有効な「lit.link(リットリンク)」

被リンクを取得 | SEO対策に有効な「lit.link(リットリンク)」

サイトを検索上位に表示させるためにはいろいろな方法があります。

その中の一つの手法として被リンク数を増やすという事が有効とさている。

さて、皆さんは被リンクを増やすためにどの様な方法をとっていますか? 

SNSからのリンクは被リンクとして効果があるのか

SNS(ソーシャルネットワーク)にURLを書き込んで、そこから自分のブログやサイトへリンクすることは可能ですが、これはSEOに有効なリンクとなるのでしょうか?

どこからでもリンクさせておけば、被リンクとして検索エンジンは判断してくれるのでしょうか? 

これが有効になるのであれば、twitterやfacebookに自サイトのURLを書き込めばSEO対策のひとつになるという事になりますが、はたしてどうでしょうか。

SNSからの被リンクはnofollowです

残念ながらSNSからのリンクはnofollow扱いのためにSEO対策としての効果は期待できません。単純にどこからでもリンクさせておけば被リンクとして認められるわけではありません。

nofollowということは、google検索エンジンがリンク先を辿らないという事を意味します。辿らないという事はリンク先がインデックスされないのでSEO対策にはならないという事です。

よって、twitterやfacebookなどのSNSからのリンクは直接的なSEO対策にはならないのです。 

しかし、SNSからのリンクは積極的に行うべき 

ただ、被リンクなどの直接的なSEO対策にはなりませんが、SNSからリンクを張ってもマイナスになる要素は何一つ無いという事にも注目したい。

もしかすると、nofollowリンクであると認識した上でgoogleサイドで何かのプラス評価している可能性もあるかもしれません。

あと、自サイトへの入り口(リンク)はひとつでも多いにこした事はないため、nofollowは気にせずにSNSかのリンクも積極的に行っていくほうが良いでしょう。 

スマートフォンの利用が一般的になっている現在のことを考えれば、将来的にはSNSからのリンクをgoogleが評価し始める可能性も無いとは言い切れません。

 googleのマット・カッツ氏の発言を確認してみると、

「TwitterやFacebookなどのSNSについても特別扱いしない」

 と説明しています。

この内容をどう理解するかは非常に難しい問題ですが、SNSからのリンクについてもSEO対策に関してまったくの無意味ではない、と読み取ることも出来るのではないかという事です。

被リンクを入手できる「lit.link(リットリンク)」を活用する

lit.linkとは、誰でも簡単にプロフィールページを作れるサービスです。

2020年に始まった新しいサービスであり、アナリティクス機能など様々な機能が随時追加される予定とのことで、今後も期待が持てるサービスです。

lit.link

誰でも簡単にサイト作成が可能

 サイト作成の経験のない方でも簡単にデザイン性のあるサイトを作成してリンクさせることができます。

背景画像やデザインテンプレートなども豊富で、簡単に設定反映できる様になっている。

完全無料で使用可能

 何といっても費用が掛からない、無料というのは有難いこと。

登録するだけで、即使用が可能です。

所有サイト、ブロブ、SNSなどをひとまとめにリンクさせる事ができる

 リンク集を作成できると考えてもよいかもしれません。優れたデザインのサイトから簡単にリンクさせることができるので非常に便利なツールと考えられます。

被リンクとなるため、SEO対策になる

 litlinkを使う最大のメリットは、何といってもSEO対策に有効な被リンクになるということ。

要するに、検索エンジンで検索された時に上位表示するための対策になることが十分に期待されるわけです。

まとめ

よくあるのが、SNSのプロフィール欄に自分の所有するサイト、SNSやYouTubeなどのリンクを掲載したいけど無理な場合がほとんど。

これがlit.linkでは希望するリンクをひとまとめにできるので非常に便利。

lit.linkでプロフィールサイトを作成し自身のブログへのリンクを設けることで、お手軽簡単に被リンクを得ることができる。

lit.link

 

www.kimama-peace.com

 

www.kimama-peace.com

 


便利屋 | 何でもお助けサービス