厳選!おすすめ情報ネットワーク

厳選した ”おすすめ商品や情報” を皆さんへご紹介しますのでお見逃しなく!

コロナウイルス対策 | UV殺菌ボックスでマスクも殺菌しよう!

UV殺菌ボックス
皆さんは、コロナウイルスに対してどの様な対策を行っていますか?今回は、今話題のスマートホンをはじめ身に付ける小物をお手軽に殺菌できる『UV殺菌ボックス』をご紹介します。話題になっている最大の理由は、『マスク』を殺菌することが出来るという点です。大注目の商品ですのでお見逃しなく!

 

コロナウイルスとは

今までに発見されているコロナウイルスは全部で7種類。そのうちのひとつが昨年12月に発見された『新型コロナウイルス(SARS-CoV2)』で、現在、世界中に感染が拡大しているものです。このうちの4種類は一般的な風邪の症状に属するもので、軽症で済むものがほとんど。そして残りの2種類は、2002年に発生した『重症急性呼吸器症候群(SARS)』と、2012年の『中東呼吸器症候群(MERS)』です。

 どうやって感染しちゃうのか

感染の原因は、以下が考えられます。

飛沫感染

感染者の菌が、咳・くしゃみ・唾などに含まれて体外へ放出され、それを他者が口や鼻などから体内に取り入れてしまう事によって感染してしまうこと。

感染者と室内などで、互いに一定の距離を保たずに一定時間以上を過ごした場合などに感染。

接触感染

感染者が手で口を押えて咳やくしゃみをして、手に菌が付着した状態でドアノブなどに触れることによって菌がドアノブにも付着し、そのドアノブを未感染者が触れて口や鼻などから体内に入り感染。この様に感染者と直接の接触がなくても感染してしまう事を接触感染という。

電車やバスのつり革、エレベーターのボタン、ドアノブ、紙幣などに触れることによって感染する場合がある。

感染に対する対策

手洗いの回数を増やす

外出先で誰にも近づかずに、何にも触れずに一日を過ごすのは実際には不可能に近いことです。帰宅後や食事前などには手洗いを徹底しましょう。

日々の健康管理を

健康であることでウイルスを寄せ付けない効果があります。食事をしっかりと食べて、睡眠をよくとる事で、常に免疫力を高めておく事も大切です。

知られていない感染原因と対策

皆さんが普段身に着けている物や持ち歩いている物などが感染原因になっていることは意外と考えが及ばずに無頓着なことが多い様です。いくら手を洗っていても所持品に菌が付着していては手洗いも効果が半減してしまいます。

注意するべき所持品

  • スマートフォン
  • 眼鏡、サングラス類
  • 紙幣、硬貨
  • マスク
  • 時計、キー
  • ジュエリー
  • 玩具、おしゃぶり

など

UV殺菌ボックス

例えば、インフルエンザウイルスは付着から24時間生存するという研究結果もある様です。

外出時に多く手を触れるこのあたりの所持品を、帰宅後にどうしていますか?何か対策を行っていますか?アルコール消毒?それで隅々まで完璧に殺菌されていますか?

UV殺菌ボックスで完全殺菌しましょう

そんな所持品を殺菌できる『多機能UV殺菌ボックス』をご紹介します。ボックスに入れるだけで自動的にUV殺菌される。アルコールなどで菌を拭き取る殺菌方法だと、拭き残しや拭くことができない隙間などが存在してしまいますが、UV殺菌ならば隅々まで照射されて完全な殺菌ができます。

スマートフォンをUV殺菌

UV殺菌ボックス


現代人にスマートフォンは欠かせないアイテムです。しかもかなりの頻度で手を触れるものですので、小まめに殺菌しましょう。

マスクをUV殺菌

UV殺菌ボックス

 マスクが不足している今、マスクを殺菌できるのはこのUV殺菌ボックスの最大の特徴といえます。まだまだ品薄状態が続くといわれています。

まとめ

マスクの品薄状態はいつまで続くのでしょうか?これは現時点では不明としか言わざるを得ません。このままの状態が続くとなれば、運よく入手出来た数少ないマスクをいかに有効的に使うかを考える必要もでてくるわけです。この数少ないマスクを有効利用するために、殺菌という方法も考えてみてはいかがでしょうか。

これは自分のためだけではなく、家族のため、子供のためでもあるのです。

 

マスク 除菌 UV 消毒ボックス マスク ウィルス対策 UVライト UV除菌 99.9%除菌 除菌器 両面同時殺菌 殺菌器 スマホ除菌 USB 給電 殺菌 紫外線消毒 小物殺菌

 

 

www.kimama-peace.com