厳選!おすすめ情報ネットワーク

厳選した ”おすすめ商品や情報” を皆さんへご紹介しますのでお見逃しなく!

パルスオキシメーターで毎日の健康管理を

パルスオキシメーターで毎日の健康管理

パルスオキシメーターって何?

皆さんはオキシメーターという物をご存知でしょうか?おそらくご存じない方も結構多いのではないでしょうか。

見た事はあると思います

名前は知らなくても見たことはあるのではないでしょうか。医療系のテレビドラマなどで患者さんが指に付けているやつです。特に大ケガして意識不明の患者さんなんかが指に付けている、あれがパルスオキシメーターというやつなのです。 

 何のために付けているの?

医療ドラマで、「サチュレーションが低下してきています!」というセリフがありますが、これを計測しているのがパルスオキシメーターです。

指にはさむと、赤色のLEDが爪に当たり指の動脈に含まれている酸素量(酸素飽和度)を、採血することなくリアルタイムで測定することができます。

 酸素飽和度(SpO2)って何?

酸素は肺から取り込まれ、取り込まれた酸素は体内でヘモグロビンと結合、全身へ行きわたります。そして、SpO2とは心臓より全身へ送り出される血液の中の赤血球に含まれているヘモグロビンに結合している酸素を皮膚を通した状態でパーセント(%)表示したものです。(少しややこしいですが)

パルスオキシメーターで毎日の健康管理

正常値はいくつなのか

 SpO2の正常値は、健常者で96%~98%ほどといわれており、90%を下回ると呼吸不全という定義に属します。健康時の測定値よりも3~4%程度低くなると治療が必要なる可能性があるとされる。

さまざまな場所で活躍するパルスオキシメーター 

パルスオキシメーターで毎日の健康管理

医療現場で

麻酔時や手術時のバイタル用サインモニターとして使われているのはよく知られていますが、その後の経過観察、診断、管理などにも活躍しています。

日々の体調管理に

ぜんそく持ちのAさんの平均酸素飽和度(SpO2)は平常時で98%ほど。ある日突然92%に!急いで病院に向かう途中でも発作が発生。しかし、早く気づいて処置できたために大事には至らなかったとうい事例もあります。

高山病の予防にも

登山中に酸素飽和度を測ると通常よりも低い84%という測定結果に!即登山を中止して下山、標高の高いところを回避したことで高山病にならずに済んだ。

 

医療現場だけではなく、さまざまな場所で活躍するパルスオキシメーター。しかし、あまり知られていないのが現実です。血圧計はよく知られていて置いてあるご家庭も多いことと思いますが、パルスオキシメーターを置いている家庭は?となるとまだ少ない様です。

スポーツ選手などのアスリートの間ではよく使われている様ですが、みなさんも日々の健康管理に取り入れてみてはいかがでしょうか!

【あす楽】【Bluetooth対応】【レビュー1,000件突破】パルスオキシメーター オキシシリーズ4色 S-127 豪華付属品3点セット【多機能パルスオキシメータ】【特定管理】シースター


感想(1181件)