勝手に気ままブログ

身のまわりで気が付いたこと、新たに発見したことなどを自由気ままにレビュー形式でお知らせ

【最新】SEO対策(検索エンジン最適化)とは?

【最新】SEO対策(検索エンジン最適化)とは?

はてなブログがなぜSEOに強いのか

ブログの中でも、はてなブログはSEOに強いといわれています。無料ブログとしては比較的後発なはてなブログですが、SEOの設定が初心者でも簡単で内部対策と外部対策のバランスが良く、googleのアルゴリズムに沿った構成となつています。

また、はてな自体のドメインパワーも他のブログに比べて強く、はてなドメインに提供されている独自サービスと組み合わせると、よりSEO効果が期待されます。

更に「独自ドメイン」を取得することで、協力なドメインパワーを発揮することが可能です。

 

検索エンジンの仕組みについて

まず検索エンジンがどの様なアルゴリズムを元にブログ内容を把握し、その結果としてどのようにして検索結果の表示順位を決定しているのか。このあたりを十分に把握しておく必要があります。

検索エンジンの仕組みと順位の決め方

では、どの様にして検索エンジンが多くのサイトの検索表示順位を決めているのか、具体的に確認していきましょう。

 検索エンジンは、多くのサイトを順次クロールして情報を取得します。さらに、サイト内に貼られているリンクから他のページも巡回してどんどん情報を取得していきます。

そして取得したデーターがgoogleのテータベースへ登録されます。これを「インデックス」と呼びます。これはユーザーが検索した際に表示するための重要なデーターとなります。

この膨大なデーターが蓄積されているデーターベースのおかげで、ユーザーが検索した際にわずか0.5秒という速さで検索結果が表示されりるのです。

検索エンジンはサイトを評価するためのアルゴリズムを日々更新しアップデートを繰り返しています。なぜgoogleはアルゴリズムを日々更新していく必要があるのでしょうか。それは、googleの企業理念を理解することで読み解くことができます。

 googleの理念

googleが公表している理念の中で、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」とあります。

このことから考えると「ユーザーが求める検索結果を正確に表示しることができたら、ユーザーが増加して広告収入(googleの)も増える」という解釈になる。つまり、検索ユーザーにとって「有益で価値のある情報」を提供するということになる。

そのため、ブログやサイトを検索上位表示させるためには、「ユーザーにとって有益で価値のある情報を発信する」必要があるのである。

googleアルゴリズムを逆手に取った例

 【最新】SEO対策(検索エンジン最適化)とは?

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

googleは、被リンク(外部リンク)を測定して被リンクの数と質によってWEBサイトを評価している部分があります。しかし、これを間違えた解釈をしてSEO対策を行うとかえって逆効果になるので注意が必要です。このようなアルゴリズムを逆手にとってサテライトサイトを量産、そこから自サイトへリンクをおこなったり、SEO業者から大量のリンクを買ったりなど、いわえるブラックハットSEOと呼ばれる方法が横行した時代がありました。

googleアルゴリズムを逆手にとったブラックハットSEO

 ひと昔前までは自前のサテライトサイトで被リンク数を増やし、上位表示させるという手法がSEO対策の一部でもありました。

しかし、googleはこの様なユーザーの手法により検索順位をコントロールされることをきらい、ガイドラインでも禁止していますが、長期にわたりイタチごっことなっていたのが現状でした。

しかし、近年になってサテライトサイトによる対策に対して本腰を入れる様になりました。要するに、不自然はリンクに対しては「警告」または「ペナルティ」となり、現在ではかえって逆効果となります。

 サテライトサイトやコピペ記事などは現在の進化しつづけているgoogle検索エンジンは認識することができる様になってきている。要するに、「ユーザーにとって有益で価値のある情報を発信する」という考えをより強化したということです。

 googleのアルゴリズムに沿ったホワイトハットSEO

この「ホワイトハットSEO」とは、検索エンジンのガイドラインに沿って自サイトの最適化を実施して検索時の上位表示を目指すという手法のことになります。要は「ブラックハットSEO」に属する手法を禁止している。

 googleが提供している「ホワイトハットSEO」の手法が説明されている資料。これに沿って最適化を実施し上位表示を目指すことが出来る。

検索エンジン最適化スターターガイド

 また、品質に関するガイドラインも提供されているので、これもウエブマスターは必読ですね。

ウエブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

まとめ

結論としては、何度も書きますが「ユーザーにとって有益で価値のある情報を発信する」というのが上位表示の近道だということです。あなた独自の表現で世の中で必要とされる記事を書き続けることが大切になります。

例えば、参考になる資料やサイトがあってこれを自分のブログなどで発信したいと考えるならば、まず内容を全部把握した上で自分自身の表現で発信しましょう。コピペはgoogleからペナルティを受けます。一部のコピペなどもほぼ見破られますので注意が必要。

ひと昔とは違い、google検索エンジンの驚異的に進化しています。

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

  

www.kimama-peace.com

  

www.kimama-peace.com